Uncategorized
外国人が(あるいは誰でも)日本で ギャンブルをするのは合法?

外国人が(あるいは誰でも)日本で ギャンブルをするのは合法?

Spread the love

日本でのギャンブル行為は刑法第23条で禁じられています。一方で、多くの人が合法となっている競馬やオートレースなどで賭けを楽しんでいます。その他にも、特別法のもとで実施されている公営競技、宝くじ、それにイギリスではプール賭博と呼ばれるサッカー賭博などがあり、地方自治体の収入増に役立っています。

公営競技

合法的に行われることを条件に賭けができる公営競技には、競馬、競輪、競艇、オートレースの4種目があり、国内で賭けが楽しめるプラットフォームとなっています。これらの賭博は地方自治体や公社が統制する特別法のもとで認可されています。これらの競技に対するギャンブラーからの賭け金による収益は、地方の財政に大きく役立っており、チケット販売総額の約75〜80%が地方行政に当てられています。

オンラインカジノ

オンラインカジノでお金を賭けてプレイするには、最初に個人情報を登録する必要があります。登録手続きは比較的簡単で、短時間でできます。登録する前に、選択したカジノが採用している決済方法を確認し、ご自分が利用したい手段がオファーされているかを確認しておきましょう。また、利用通貨に日本円が含まれているかも確認が必要です。日本円が使えない場合は米ドルかユーロを使うことになるでしょう。ほとんどのオンラインカジノのサイトでは、初回登録時のデポジットに対するボーナスがもらえるので、そのボーナスを利用してサイトやゲームに慣れてから本格的にプレイされることをお勧めします。

宝くじ

宝くじは指定都市で定期的に行われています。宝くじのチケットには主に3種類あり、販売場所によっても異なりますが、一枚100円から500円の価格帯で簡単に購入でき、大当たりの賞金は100万円以上にもなります。宝くじ法により、それぞれの宝くじの最高賞金額は統一されており、総売上額の約50%が政府機関の公共事業や慈善団体のために使われます。

パチンコ

パチンコはスロットゲームとは異なるピンボールマシンですが、日本の法律では様々な理由で刑法の管轄下において合法とされています。パチンコ店は全国各地にあり、現在民間企業によって営業されている店舗数は12,480 店以上となっています。

違法ギャンブル

やくざは日本でカジノを違法に営んでいることで知られています。その代表的なものが麻雀で、雀荘の多くはやくざと繋がっています。プレイヤーからきっちりと借金を取り立てることによって運営が成り立っています。

合法化への努力

ここ数年、自由民主党を筆頭に多くの動きが起こっており、日本でも観光業を振興させるためにカジノが開設される可能性が出てきています。カジノ営業は現在違法となっていますが、外国人であれば日本市民よりもずっと簡単に利用することができます。カジノ建設の場所に関しては、お台場が有力候補として上がっており、多くの人の関心を引いています。しかし、石原氏が提案した船上ギャンブルのアイデアは、いまだに多くの批判を受けています。2015年4月にはIR 推進法が提案され、カジノに関する日本の法律は新たな局面を迎えています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x